FC2ブログ

GFK-S1631WKA 制御基板交換&ガス圧調整

2017.02.18 18:46|給湯器修理
以前給湯器を取付けさせて頂いたK様より追焚き運転を押してもお風呂が温まっていないとご連絡を頂きました。

2017021801.jpg

長府 エコジョーズ GFK-S1631WKA 2015年11月製造

出ていたエラーは「632:ふろ循環異常」

過去の履歴を辿るとかなりの頻度で出ている様子。

故障診断書に記載されている項目をチェック。

・循環口フィルターの汚れ→なし

・ふろ水流スイッチのゴミかみ→燃焼運転しているのでこちらも該当せず。

給湯器の前パネルを開けた状態で追焚き運転を見守る事約40分

一応沸き上げてはいるものの、時間がかかり過ぎている事と感覚として終始給湯器が燃焼を抑えて運転しているような印象を受けたので翌日メーカーに相談。

この症状と直接的に関連しているかは別として、この機種について特定期間に製造されたものに関して不具合の報告が出ており基板の交換をしているとの事

内容としては給湯温度や風呂水位などが停電復帰後に初期値に戻ってしまうなどの症状が出ているようで、K様の給湯器製造Noも今回の基板交換機種に該当し、上記の症状も見られたため急ぎ部品を手配し交換させて頂く事になりました。

コネクタ類を全て外して新しいものと交換します。

2017021803.jpg

設定データが保存されている「サブ基板」を忘れずに新しい基板へ移設します。

2017021802.jpg

交換が終わったらガス2次圧の確認と調整を行います。

ここで登場!!電気式自記圧計「セーバープロ」
漏えい検査の際に温度補正を測定結果に反映してくれるのが最大のメリットですが、こういったガス圧測定(現在の運転圧力)も測定できるから凄い

最初は測定部がゴム管接続なので機械式でやろうとした所、機械式の場合2Kpa以下の測定ではほぼゲージが読み取れない事に気付き急ぎセーバープロを取りに戻りゴム管用のアタッチメントを買って出直す事に

・「最少ガス2次圧」

2017021804.jpg

・「強制最大ガス2次圧」

2017021805.jpg

機器入口圧とは違うので給湯運転をさせた状態で測定します。
基板についているガス圧調整スイッチを上げ下げして規定値に微調整しました。

測定後、試運転。
「ふろ自動」「追焚き」ともに異常なし





お湯がちょろちょろ 給湯器が燃えない

2017.01.05 19:17|給湯器修理
本年もよろしくお願い申し上げます

昨年末大晦日夜の給湯器修理から続けざまに、コンロや給湯器の修理依頼が多かった年末年始。

この時期はメーカーも長期休暇に入ってしまうので何かと大変です

昨日修理にお邪魔したK様のお宅でも、「昨晩まで普通に使えていたのに急にお湯がちょろちょろとしか出なくなってしまってエラーが出ているので見て欲しい」とご連絡を頂きました。

お使いの機種は、長府製 石油給湯器 IBF-3870DS 2011年製

エラーコード:651 水比例弁異常 が複数回出ていました。

給湯器に付属の故障診断マニュアルによると電源リセットで復旧する場合もあるらしく試みるも症状の改善は無し

部品を取り寄せ翌日交換にお伺いしました。

2017010501.jpg

作業し易いように基板を一旦外して、赤丸の部分を交換します。

毎度のことですが、部品交換時は結構手が傷つきます

今回もコネクタを外した勢いで手をスパッと切りました

元々狭いスペースに手を押し込んでクイックファスナー(連結部を留める部品)を外すのに手袋をはめてでは作業しづらいんです。

2017010502.jpg

古いOリングも交換します。

水廻り製品のパッキン類交換も素手でやると溶け出したゴムで手が真っ黒に汚れます

交換後は水漏れが無いか確認し試運転。
エラーをリセットし修理完了

エラーコードそのままピンポイントで交換出来る修理は解りやすくて助かります






石油給湯器修理 IB-4731DS 電磁ポンプ交換

2016.10.29 23:15|給湯器修理
昨夜、ご近所さんでお得意様であるI様より「リモコンがピー、ピーと鳴ってお湯が出なくなってしまった」とご連絡を頂きました。

出ていたエラーは「121」:途中失火
ちなみに給湯器の年式は2012年製8月。
まだ4年程度のご使用でした。

雨が降っている事と夜になっていたこともあり燃料切れなどの簡単なチェックをしましたが問題はなさそう、、、、

本日改めてお伺いしました。

試しにお湯を出して見ると素直に燃焼運転に入り蛇口からお湯も出てくる。

いたって順調かと思い気や、燃焼を表わす炎マークが一瞬消えたり点いたりを繰り返しエラー警告!運転停止。


年式がまだ新しい事から部品を疑う前に、まずは燃焼筒のスス汚れとバーナーノズルの詰まりをチェックしました。

2016102901.jpg
作業しやすいよう関係ないコネクタ類も一旦基板から全て外します。

2016102907.jpg
あれ?蝶ネジじゃなくなったんですね。

2016102903.jpg
熱交換器部分。

2016102904.jpg
汚れの方は、、、、、あれ?キレイですよ

ここは「メーカーに相談だ!」という事で状況を説明。

唯一怪しい要素のオイルタンクが古いままである事から「電磁ポンプが水をかんでしまったのではないか」とメーカー担当者。

試しに送油管を器具から外して透明な容器に直接灯油を採取。
古いタンクの結露水が混入しているのであれば茶色っぽい液体(錆水)が下の方に溜まるはずですが至ってクリアーな灯油そのもの。
それもそのはず数日前にほぼ空に近い状態から満タン給油しておりました。

ではタンク内部の剥離したゴミ噛みはどうかと言うとフィルターの役割であるストレーナーは至って綺麗な状態。

仮に古いタンクなどの結露水が関わっているとしたら設置後間もなく症状が出てもいいはずなのになぜ4年経った今?

とりあえず部品交換であれば電磁ポンプが一番怪しそうなので急ぎ宇都宮へと車を走らせました

2016102905.jpg
右が新しい方。

2016102906.jpg
元に戻して試運転、異常なし。
次回の修理に備えてエラコードリセット修理完了

宇都宮工場に部品を取りに行った際、担当セールスTさんによるとこの機種に関しては2011年10月31日製造分までを対象に電磁ポンプの不具合による燃焼のバラツキがあったようで、対策品が出ていた様子。

今回のI様の機種は2012年製の為対象外だったのですが、特別に無償で提供していただきました。

安い部品じゃないので部品代の請求を立てずに済むのは、お客さんもそうですがウチもホント助かります。
間違った使い方をしていないのに設置後4年で高額の修理発生ではさすがにね

担当セールスにもよるのかも知れませんが、色々要望を聞いてもらえるので修理に関してもなるべく自分でと意欲が湧きますし、そのサポートもしっかりしてくれる所は他のメーカーでは真似できないのではないかと思います
















石油給湯器 バーナーノズル 燃焼筒清掃

2016.09.06 17:47|給湯器修理
集金でお邪魔したM様よりこの所給湯器のエラーが頻繁に出てしまうので見て欲しいと頼まれました。

2016090601.jpg

長府 減圧式石油給湯器 KIBF-3864AG  2013年製

当店で納めさせて頂いた設置後3年未満のまだ新しい給湯器です。

エラーコードを呼び出して見ると エラー:110 着火ミスがかなりの頻度で出ているようでした。

着火ミスの場合考えられる原因は多くありますが、簡単な所で燃料切れ、送油管のゴミかみ、炎検出器の出力電圧、イグナイタの電圧確認など簡単なものから探って行きます。

試しにリモコン表示をメンテナンスモードに切り替えて炎検出器のレベルを確認してみると異常なし。
そのまま給湯運転をしばらくするもエラーが再現する事はありませんでした。

試しにバーナー部を外してみると。
2016090602.jpg

ノズル、燃焼筒にススがびっしり
2016090603.jpg


灯油を霧状に噴霧する出口であるノズルと送風機からの風を中央に向かって螺旋状にするための切欠き構造を持つ燃焼筒この詰まりが着火ミスの原因ではないかと思われました。

分解して清掃。
2016090604.jpg

再度組立試運転。
異常なし

最後にエラーコードをリッセットし、無いに越したことはない次回の修理に備えて修理完了



エコキュート 自動湯はり運転異常

2016.09.01 18:55|給湯器修理
一月程前に自動湯はり運転にムラがあるとお問合せを頂いたS様よりまたエラーが出てしまったとご連絡を頂きました。

20160901.jpg

長府製 エコキュート フルオートタイプ EHP-3736GPXH 2009年製

キッチンとお風呂をリフォームされた際に当店で販売したものです。

出ていたエラーが「f65:ふろ混合弁異常」

以前お問い合わせを頂いた際は、故障診断書をもとにリセットをかけ試運転した所、異常が見られず様子を見て頂く事にしましたが、今回は設置から7年経過している事もあり部品交換をさせて頂く事になりました。

まず、ブレーカーを落とし、給水栓を閉止させ貯湯タンク内のお湯を排水します。
20160902.jpg

20160903.jpg
外したものと取り寄せた「ふろ混合弁」

交換完了
20160904.jpg

で、この後が大変

再び開放した排水プラグ類を締め、再度タンク内が満水になるよう通水し、ヒートポンプ配管のエアー抜きなどを行い試運転。

「エアー抜き運転」、「沸き上げ運転」、「ふろ試運転」などを行い異常がないか確認しました。

最後に過去のエラーコードをリセットして修理完了

部品交換に要した時間はほんの数分でも、交換前の排水時間や交換後の試運転に時間を取られました

改めてガスや石油給湯器はメンテナンス性にも優れているなと実感しました。







| 2018.12 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

popo178

Author:popo178
はじめまして!稲葉燃料店です。

当店は茨城県筑西市にて創業1889年の「まちのガス屋」です。

LPガス・灯油の販売はもちろん住宅設備機器の販売・安心の自社施工。

ガス・灯油以外にも。。。

電気や水道のトラブルなどライフラインのことならお任せ下さい。

お悩み解決の手助けになるかもしれません^^

小さな個人商店ですが確かな技術と小回りの良さがモットーです。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

累計ご来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ページトップへ