FC2ブログ

オイルタンクの交換

2015.01.28 23:48|取付工事
こんばんわ稲葉です!

本日は、以前エコフィールを設置させて頂いたお客様宅にオイルタンクを設置して参りました。

・交換前
20150129001421e34.jpg

灯油・ガスと長いお取引をさせて頂いてるS様。

年間通して灯油の使用量の多いお客様で、冬場の配送周期はなんと2週間!

翌日配送を控えていた先週の日曜日に灯油が切れてしまい慌てて配送に伺いました。

2週間の配送周期と言っても平均して1度の給油で入る量は60ℓだったのでタンク内にはまだ30ℓくらいの余裕はあるはずだと思い、灯油管のゴミかみが疑われました。

・給油口から内部の様子
20150129001415b8e.jpg

結果は80ℓ入ったので灯油切れだったのですが、以前からタンク脚が固定されていない事と写真の通り経年の結露による内部の剥離も見られるのでタンクの交換をご提案しました。

タンク下部にはストレーナーがついており、フィルターを通して給湯器へ灯油が行く仕組みになっていますが、
低価格のタンクだとフィルターが無いタイプもあり、剥離したゴミが灯油管を詰まらせてしまう場合もあります。

まずはタンクを組み立ててアンカーの穴開け位置を墨だし。
20150129001532c90.jpg

組み立て前の液面計
2015012900142079f.jpg


7.5mmのコンクリートドリルで下穴を開けます。
201501290015379a9.jpg

粉塵を掃除
20150129001451bd0.jpg

今回使用したアンカーは『タップスター』
20150129001420d49.jpg

サイズに応じた下穴を開けたら専用のビットで打ち込みます。
20150129001454223.jpg

4カ所インパクトで打ち込みます。
20150129001455e47.jpg

アンカーにも様々な種類がありますが、ハンマーで打ち込むタイプに比べて失敗が少なくやり直しも利くので重宝しています。

今回はしっかりとした基礎があるのでアンカー打ちで固定しましたが、基礎が無い場所では専用のブロックで固定します。

打ち込んだアンカーに脚の穴を通してラチェットレンチで固定します。
20150129001534863.jpg

固定完了
20150129001417aa4.jpg

古いタンクから灯油を移し替えて、足りない分を満タン給油
201501290014510f1.jpg

設置完了
20150129001456b22.jpg

給湯器との接続銅管も新しい銅管に交換しました。

今回設置させて頂いたタンク容量は以前の倍以上の195リットルタイプ。

写真では分かりづらいですが、空のタンク自重だけでも結構重いので灯油が満タンに入ると一人ではビクともしません。

脚もしっかり固定されたので大きな地震が来ても転倒の心配もありません。

実際東日本大震災では2件程当店のお客様先で転倒した所があるのでタンクの自重だけでなくしっかり固定する事を強くオススメします。

当店の灯油配送価格は150ℓ以上から掛け売りの場合でも特別料金でお入れする事が出来るので、容量が増えた事で更にお得にご利用頂けるかと思います。

Comment

非公開コメント

| 2019.10 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

popo178

Author:popo178
はじめまして!稲葉燃料店です。

当店は茨城県筑西市にて創業1889年の「まちのガス屋」です。

LPガス・灯油の販売はもちろん住宅設備機器の販売・安心の自社施工。

ガス・灯油以外にも。。。

電気や水道のトラブルなどライフラインのことならお任せ下さい。

お悩み解決の手助けになるかもしれません^^

小さな個人商店ですが確かな技術と小回りの良さがモットーです。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

累計ご来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ページトップへ