FC2ブログ

点検調査について

2014.06.20 19:33|ガスのこと
こんばんわ!!
雨が降ったあとくらいは涼しくなって欲しい今日この頃です


さて本日はガスの保安点検についてお話したいと思います。
誰も興味はないですよねでも世の中は広いもので先日Yahoo知恵袋を見ていたらこんな質問がされていました。興味がある方は分かりづらいかもですが読んで下さいね。以下が大まかな内容です。


「先日契約しているガス会社から点検をさせて下さいと訪問がありました。台所のガス器具の調査をしていると給湯器も点検しますのでベランダに通してくれとのこと、うちの給湯器はベランダのバルコニーに設置してあるのですが、居間を通すことになり急な訪問で掃除もしていなかったのでなるべく通したくありませんでした。数年前に来た点検員の方は若い方で台所だけ見て行ったのですが、今回来た方は年配の方で給湯器の状態と器具を控えなければならないと言っていました。本当に見せる必要があったのでしょうか?同じ社員の方なのに人によって点検方法が違う?急な訪問で部屋に通さなければならないのもイマイチ納得出来ません。」


なるほど!やっぱり突然の訪問でいきなり家に上げて下さいとゆーのはどうも納得行かないですよね。わかります。

このガスの定期点検調査は4年に1回以上と決められており各家庭ごとに点検の時期が異なります。
ウチは電話連絡で予定を調整してお伺いするようにしていますが、おそらく件数が多い会社はある程度地区事にまとめて訪問するので事前のアポを取らずに来たのだと思います。

よくお客さんに「汚くしてるから恥ずかしくて」と言われますが、毎日使う場所なのでどのお宅もそんなに変わらないです。
他人を家に入れるのに抵抗があるかと思いますが、そんなに神経質にならないでとゆーのが業者側の本音ですかね。

もう一点同じ社員なのに点検方法が違うという点に関しては年配の方の点検方法が正しい事になります。

社内で点検方法が統一されてないのはちょっとアレですけどね

でわガスの点検って一体何を検査していくの?とゆーことで。。ザンッ!!
区分

上図のようにガスメーター出口からご使用のガス器具全てを検査しているわけです。(正確には戸建の場合供給設備側も一緒に検査します。)全消費器具の型式、製造年、消費量を調査票に記入します。

ですので、ベランダに器具が設置してある場合…スイマセンが失礼させていただくわけです。ベランダまで目つぶって行きますから

自記圧力計という配管内の圧力を測定する器具を用いて漏えい試験を行います。

漏えい試験とは…実際の配管内を通るガス圧よりも高い圧力で規定の時間(配管の長さ、配管容量によって異なる)圧力低下が無いか測定をしてガス漏れの有無を検査します。

また、ガス器具を実際に燃焼させ調整器出口圧測定、燃焼器入口圧測定(共に2.3KPa~3.3KPaの範囲内)、器具の燃焼を止めて閉そく圧測定(3.5KPa以下)等を測定します。

小型湯沸器などをお使いで不完全燃焼防止装置が付いていない器具などはCO測定などもあります。

それら全てを検査して不具合がなければ合格。不適合箇所が見つかった場合は速やかに改善となります。



当店の自記圧計です。その名も電気式ダイヤフラム式自記圧力計 SAVER PRO!!
DSC_0054 (1280x960) (500x367)

この自記圧計の特長として配管内の圧力測定は気圧の変化が大きく関係し、測定時の気温や天候などで圧力の上げ下げがあります。その温度の影響を補正してより正しい測定を行うことが出来るのです。

DSC_0058 (1280x960) (500x375)

うん?開始圧力5.2KPaで終了圧力5.19KPaじゃ落ちてるじゃん!!って思いますよね?
ところが…
DSC_0059 (1280x960) (500x375)

温度補正によってガス漏れなしと判定されます。漏れている場合は「温度補正後の圧力低下」と表示されます。

DSC_0060 (1280x960) (500x375)
DSC_0061 (1280x960) (500x375)


一般的な機会式自記圧力計と並べて見ました。
DSC_0066 (1280x960) (500x375)

現状ではまだまだ機械式自記圧計を使っている会社の方が圧倒的に多いです。

機械式の場合前述した温度補正が出来ない為、目視で確認します。微妙に圧力が下がっている場合に、温度によるものなのか、実際にどこかで漏れているのか最終的な判断は調査員に委ねられます。

まぁ積極的に採用とならないのは精度が高い分値段も高いので無料の点検調査にそんなお金かけてらんないよってのが実情ですかね

ウチの場合はメーターにBR(微少漏れ)表示が出ているお客さんが何軒かあり、どれも機械式では判断が難しいケースで、不安を残したまま合格とはしたくなかった為導入しました。

当たり前のことですが、安心・安全にガスをお使い頂く為に保安点検は非常に重要です。


保安点検は無料です(消耗品を交換した場合は別途かかる場合があります。)のでこの記事を読んで下さった方はお取引のガス屋さんの点検調査に積極的にご協力をお願いします。

また、今年に入り茨城県内にてお年寄りが保安点検と称した男に金銭を騙し取られる事件が発生しているそうです。こうした訪問業者には十分注意をして不審な場合は必ずお取引のガス屋さんに連絡しましょう!!













Comment

非公開コメント

| 2018.10 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

popo178

Author:popo178
はじめまして!稲葉燃料店です。

当店は茨城県筑西市にて創業1889年の「まちのガス屋」です。

LPガス・灯油の販売はもちろん住宅設備機器の販売・安心の自社施工。

ガス・灯油以外にも。。。

電気や水道のトラブルなどライフラインのことならお任せ下さい。

お悩み解決の手助けになるかもしれません^^

小さな個人商店ですが確かな技術と小回りの良さがモットーです。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

累計ご来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ページトップへ