FC2ブログ

TOTOリモデル便器

2014.08.23 12:49|トイレ
こんにちわ!!またまた更新をサボリ気味になってしまいました稲葉です。

少々バテ気味ですがなんとか生きております

まだまだ訪問者の少ないブログですが有り難い事に先日たまたまブログを見て下さった方から初めて電話でのお問合せを頂きました

お気軽にお問合せ下さいと言いつつも、お客さんの立場からすると問い合わせるにも中々勇気が入る事と思います。

でも、その勇気ある問い合わせのおかげで私にとってブログを書く励みになりました

住宅設備の事で不安に思っていることがありましたらなんなりと!解決のお手伝いができるかもしれませんよ

昨日はトイレの一式交換をして参りました。

知り合いの大工さんからの紹介で、汚れが気になるので一式交換したいとのご要望で便器、便座、タンク全て交換させて頂きました。

ご高齢の方で使用用途が限られているという事で便座の機能は必要最低限の暖房便座のみのシンプルなものをチョイスさせていただきました。


交換前
22 - 6

便器を撤去し、排水アジャスターを取り付
22 - 1

便器ごと交換の場合気を付けたいポイントが排水の位置です。

トイレ後方側の壁から排水管中心までの距離(排水芯)が同じものでなければ床を壊して排水管の位置をやり直すなど大掛かりな工事となってしまいます。

既存のトイレの排水芯を正確に測定するには便器を外さなければなりません。そんな時便利なのがTOTOのリモデル便器です。(LIXILではリトイレ)

写真の排水アジャスターの目盛りが書かれている部分を現場の排水芯の位置によってカットし、様々な排水芯に対応出来ます。ちなみに今回はカットせずに済みました。

便器を乗せて固定します。
22 - 7

しかしタンク裏側にあたる壁紙のカビがひどいですね…
費用と工事日数はかかりますが、大工さんや内装屋さんを入れてトイレの丸ごとリフォームも承っております。
例えば和式のトイレから洋式トイレへ変更なども出来ますよ

便座を取り付完成
22 - 9

2時間程度で完了しました。

10年以上前のトイレと比べると現在のモデルは大幅に節水することが出来ますので便器・タンクの交換もオススメです!

トルネード洗浄










自宅エアコンの取付

2014.08.06 17:54|エアコン
こんにちわ!稲葉です。

先日の日曜日、自宅のエアコンを取り付けていない部屋へようやくエアコンを取付ける事が出来ました。
今回は時間に追われる作業ではないので写真もそれなりに撮る事が出来ました

「まちのガス屋」として、こんな事もやってるんだぁと思っていただきたくブログを始めた訳ですが、実際の現場では時間との勝負もあり中々写真を撮れない事もよくあります。(ずっと傍で見ているお客さんもいたりいいんですよ別に。)

少しずつですがこのブログを読んでくださる方の為に記事をアップできたらなと思います。


まずは施工前

04 - 8

築30年以上の木造造りで現在は私が寝る為だけに使っている家です。壁はポロポロ落ちる砂壁でした。
数年前に漆喰を塗りましたが養生をちゃんとしなかったので見栄えが悪いですね

エアコンの背板を固定するのに強度が無いので今回は取付サンを使用しました。

04 - 10

穴開け芯出し

04 - 3

愛用のマキタ振動ドリルで壁を貫通させ内側、外側両サイドからΦ70のホルソーで穴を開けます。

内側

04 - 15

外側

04 - 4

外壁はこれも古い家屋に多いリシン掻き落とし、配管カバーを付けるのにいちいち下穴を開けてプラグを入れなければならないので面倒でした

リフォームの現場で引き揚げて来たクーラーキャッチャーをリサイクル。

04 - 12

外と中を窓越しに出たり入ったりの作業が続きます…瓦が滑るので足袋を履いての作業ですが、焼けた瓦と太陽の照り返しとキツく、改めて屋根工事の方達は凄いなと感心しました。

室外機を乗せて

04 - 16

配管カバーを取付けます。

04 - 7

室内機を取り付。

04 - 14

ガス管、液管、ドレンホースの接続と1.6mmのVVFケーブル3芯線を接続します。ガス管、液管の接続には必ずトルクレンチを使います。締める力が足りないと当然ガス漏れし、強く締めすぎるとフレア部分が割れて結果的にガス漏れします。フレア割れは設置後経年と共に現れるので設置時には気付かないなんて事もあるので注意が必要です。

ドレンホースの勾配もちゃんととらないと室内機から水が出てきてしまうので注意が必要です。

またしても、この辺の写真を撮り忘れていました

作業しながら写真撮影は無理なので機会があったら使っている道具の紹介などもしてみようと思います。

全ての接続が終わったら、冷媒配管内の水分を含んだ空気を追い出す真空乾燥を行います。

04 - 11

今回は15分真空ポンプを運転させて、停止後10分程ゲージが戻らない事を確認しました。

液側を90°開けてまたすぐ閉めて、ガス漏れのチェックを行います。

04 - 17


その間にコンセントを付け変えます。
04 - 13

隣の部屋のエアコン電源として分岐していました。本当はエアコンは1台につき専用のブレーカーとコンセントが必要です。
隣の部屋と同時にエアコンを使わないことと自宅の工事ということで自己責任でやってます。

コンセント交換など簡単な作業ですが第二種電気工事士の資格が必要です。

ガス漏れが無い事を確認して、ガス側、液側を全開にしていよいよ試運転。

04 - 6

いい~感じに冷えて来ました

この時に室内機のフィルターを一旦外して、熱交フィンに水を注いでドレンがちゃんと室外へ排水されているか確認をすれば完璧です。

ゲージマニホルドを外す時はガスを放出させないように、エアコンを運転(冷房運転)のまま一旦液側を全閉します。ゲージの値が下がって0になるかならないかの時に三方弁のサービスポートにつないだコントロールバルブを閉めて、すぐに液側を全開にします。

こうする事によって、ゲージまで来ていたガスをエアコンに戻す事が出来ます。

コントロールバルブ

02 - 1

室外機のカバーを閉めて工事完了です。

04 - 18

午後からの作業でしたがすっかり日が沈んでしまいました。

ブログにするとトントン拍子に進んでいるようですが、暑さのせいで何度も小休止を入れたりで、なんだかんだ時間かかってます

夜は近くで花火大会があり今年初の花火を見ることができました











エコキュートの中身を公開

2014.08.05 10:38|器具のこと
おはようございます!稲葉です。

今日は今年一番の暑さになるとの事。なるべく外には出ないようにしたいと思います

さて先月引き揚げて来たエコキュートをバラして設置後10年経ったタンクの中の状態を覗いてみようという事で、せっせせっせと解体してみました。


・解体前

05 - 1


・製造年

05 - 5

・前パネルを外したトコ

26 - 12

さすがに容量460ℓはタンクの存在感が目立ちますね。

中身を引きずり出して箱だけにしてやりました

26 - 1

タンクだけ残して、産廃屋さんの為に銅管などを箱に戻しました。

05 - 4

バラして感じた事は、設置状態での修理の場合かなり手強そう…


・タンクのみ

05 - 1(1)

写真を撮りやすいようにサンダーで四角く穴を開けようとしたのですが、丁度タンク下にスマホが入りそうな穴があったのでそこから内部を撮影してみました。

05 - 8


・タンク内部

05 - 5(1)

うん…思ってたよりは全然キレイでしたね

さすがステンレスってとこでしょうか。しかしタンク下部の赤水の堆積は貯湯式であるがゆえにやはり避けられないようですね。

非常時の生活用水として利用できますが、飲用に適さない理由はここだと思います。

やはり給湯器はあらかじめお湯を作って貯めておく(貯湯式)ではなく、お湯の蛇口をひねると初めてお湯を作る(直圧式)に限るなぁと私は思います。

皆様はどうでしょうか?









休日前に。

2014.08.03 01:10|エアコン
こんばんわ!稲葉です。

明日はお休み。本日は夜更かしです

今日は、灯油配送のローリー車が車検だった為午前中は留守番を、そして午後は予定配送宅を昨日までに済ましていた事もあり、さてどーしようか、ヒマだぁ。。貧乏なのにと、作りかけのHPでもやろうかと思っていたら、とあるお客様よりエアコンの具合が悪いので見て欲しいとTELが有りました。早速現場へ。


PM12:30到着
昨日からリモコンの表示部が見えにくくなって、運転しても冷風にならないとのこと、早速電池交換。
表示部復活!!電源ON!!電池だけじゃぁ手間代も取れないなぁと思っていたらファンが回っているだけで、いつまでたっても冷風が出てこない。裏に回って室外機を確認すると。。。ファンが回っていない。。。
あれれ

しばらく置いて再度運転をかけるとなんとか回り出した!かと思いきやまたすぐに停止してしまい圧縮機の故障でしょうか年式からして14年経過していた事もあり交換を薦めさせていただきました。

「2~3日使えないのよね?」とお客様。設置場所がリビングで、この暑さ。お年寄りには大変しんどい状況です。

しかし今日は土曜日。地元の管材屋は休み。長府に確認すると在庫はあるとの事。今日の発注だと最短で月曜日着。
今日中になんとかしてあげたい。

「よし!宇都宮へ取りに行くべ!!」車を北へ走らせたのでした。

PM2:30宇都宮工場着
02 - 1(1)

ついでに自分用のエアコンも調達。
02 - 1

PM4:00
撤去&工事開始。

02 - 5


撤去開始時に気付くのですが、室外機の配管を覆うように建て増しした物置に作業を阻まれ、室内機があるリビングも外壁面に隣接していないので配管の取り回しに苦戦。冷媒が旧式のR22だったので配管は全部やりなおし

正直写真撮ってるヒマがありませんでした施工中も設置後も写真撮れてません

PM6:20
設置完了!!今日中に設置してもらえるとは思っていなかったようで大変喜んでいただけました。宇都宮まで行った甲斐がありました。

お客様の為に!お客様に代わって!!私が汗をかきます!!

当店はそんなお店です!ヨロシクお願いします


さてさて、話題は変わりまして最近杖道を始めました。(剛腕な話題の変え様。)

杖道とは。。。浅い知識でお話ししますと、全日本剣道連盟による、剣道、居合道、杖道のうちの一つで字の通り杖(棒状の木材)を使った形の演武を行う武道です。試合なんかもあるようなんです

きっかけは市報に載っていた生涯学習センターの講座案内で、「やさしい杖道入門」なる講座があり、他の講座は平日開講が多い中、杖道は日曜日の夕方に行われるので興味本位で申込みをしました。

全10回の講座で2週間に1回の開講。まだ2回の参加ですが、一つ一つの動作が恰好よく早くもハマリそうな予感

その杖道で使う杖をしまう袋を自作しました。

ザザン!!

02 - 3

と言っても袋は母に縫ってもらい、杖の重みで穴が開きそうだったので革で補強しました。生地がはみだしているのはご愛嬌

ちょっと前に血迷って購入した革道具達の出番が来ました。

02 - 2

前に作ったスケジュール帳カバー。簡単なモノしかまだ作れません

02 - 4

革を縫う作業が無性に楽しいです

飽き易い性格なのでなるべく長く続けられたらなぁと思う真夏の夜でした。




| 2014.08 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

popo178

Author:popo178
はじめまして!稲葉燃料店です。

当店は茨城県筑西市にて創業1889年の「まちのガス屋」です。

LPガス・灯油の販売はもちろん住宅設備機器の販売・安心の自社施工。

ガス・灯油以外にも。。。

電気や水道のトラブルなどライフラインのことならお任せ下さい。

お悩み解決の手助けになるかもしれません^^

小さな個人商店ですが確かな技術と小回りの良さがモットーです。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

累計ご来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ページトップへ