FC2ブログ

スマートメーターに交換して行きました。

2016.03.22 18:17|電気のこと
2016032202.jpg

先週の金曜日に既存の電力メーターを東電委託の工事業者が来てスマートメーターへ交換して行きました。

作業時間10分程で2台交換して行きました。
2016032201.jpg

作業中停電はしないとの説明だったのに、しっかり停電

おかげで運転中だった石油ファンヒーターが危うく壊れる所でした
まぁ時間を置いたらついたので文句は言いませんでしたけど

スマートメーターの交換は順次既存の電力会社(関東圏では東電)が交換しているようですが、新電力会社へ申し込みをした所を優先的に交換しているようです。

実際ウチの場合もエネオスでんきに申し込みをしてから早い段階で交換の案内が来ました。

スマートメーターは電力小売り自由化において重要な役割を担っており、主な機能として、携帯電波を利用した遠隔検針、HEMS(住宅のエネルギーを管理・制御する機器)等への電力量データの提供などの機能を備えております。

送配電事業に関しては電力自由化後も既存の電力会社が担う分野になります。
新たに契約需要家までの電柱や電線、変電設備を設けるわけにはいかないので当然っちゃ当然ですよね

新電力会社は送配電事業者に対して託送料金を支払って各契約者の元へ電気を送ってもらう仕組みになっています。

つまり言い換えればどの新電力会社と契約しても既存の電力会社は必ず一枚噛んでいるとも言えます。

インターネットのプロバイダを選択する事と似ているかもしれませんね。

じゃあなんで既存の電力会社より電気代を安くする事が出来るの?

勿論全てのお客様が安くなるわけではありません。
いくつか理由が挙げられますが、ここではあえて触れません。

そもそも電力自由化について、耳にしていても中身についてはイマイチ理解していない方が多いと思います。

中でも、手続きが煩わしい、面倒なら今のままでいい、切替に対する不安など挙げればキリがないかもしれません。

でもご心配なく!切替は必要事項を記入し申込み書を送るだけですから、とても簡単です

既存の電力会社への解約手続きなど一切不要です。

注意しなければならない事(契約期間の縛りの有無、支払い方法、滞納してしまった場合など)をよく確認した上で申し込めば、大きなトラブルに巻き込まれる事無く、電気使用環境は今まで通り、尚且つ割安に電気を使う事が出来るようになるかと思います

引き続き、当店ではENEOSでんき契約代理業務を行っております。

なるべく分かり易く仕組みについてや契約する上での注意点などご説明出来ますので、質問だけでも結構です。
お気軽にご相談下さい




電気料金について知ろう!

2015.12.27 23:44|電気のこと
検針票のモデルを元に電気料金の構成要素を見て行きましょう。

・検針票を見てみよう

図(1)
電気料金1

①契約の種別と大きさ:
現在の契約内容が示されています。
使用する最大の電力量をもとに、契約容量A(アンペア)が決まります。

②今月の電気使用量:
当月検針時メーター指示数と前月検針時メーター指示数の差し引きによって算定されます。

③基本料金:
「①契約の種別と大きさ」をもとに決まります。

④従量料金:
電気の使用量に応じて、料金単価に三段階のランクが設けられています。
(三段階料金制度)

⑤燃料費調整額:
火力燃料(原油、液化天然ガス、石炭)の価格変動に応じて、毎月自動的に電気料金が調整される金額です。
(燃料費調整費単価×使用量)

⑥再生可能エネルギー発電促進賦課金:
再生可能エネルギーの固定価格買取制度によって電力の買い取りに要した費用を、電気を利用するすべての人が個々の使用量に応じて等しく負担するものです。
(再生可能エネルギー発電促進賦課金単価×使用量)

ⒶkWh:
「Wh(ワットアワー)」は、電気の使用量を表わす単位。

「電力量(Wh)=電力(W)×使用時間(h)」で示します。

「1kWh(キロワットアワー)」は、「1,000Wh」。

ⒷA:
「契約アンペア」は、利用できる最大の電流の大きさを表す契約容量。

・電気料金の算出方法

図(2)
電気料金2

ここでは、図(1)の検針票を元に基本料金と従量料金について算出して行きたいと思います。

・基本料金
契約容量が10A増えるごとに280円80銭加算されます。

図(1)より契約容量40Aなので

280円80銭×4=1,123円20銭となります。

・従量料金
三段階料金となっており、電力量に応じて単価が変わります。

・第一段階(~120kWh):19円43銭
・第二段階(120~300kWh):25円91銭
・第三段階(300kWh~):29円93銭

上記単価より図(1)の使用量が695kWhなので

第一段階料金:120kWhまで
19.43円×120kWh=2,331.60円

第二段階料金:300kWhまでなので第一段階分120kWhを引くと180kWh
25.91円×180kWh=4,663.80円

第三段階料金:300kWh以上なので695kWhから第二段階分までの300kWhを引くと395kWh
29.93円×395kWh=11,822.35円

従量料金=第一段階+第二段階+第三段階より

2,331.60円+4,663.80円+11,822.35円=18,817.75円となります。

LPガスの料金についても基本料金と従量料金から構成されますが、従量料金については使用量が多い程単価は安く設定されている会社がほとんどなのに対して、電気の場合は使用量が多い程単価が高い特徴があります。







電力の小売り全面自由化ってなに?

2015.12.24 01:46|電気のこと
いよいよ来年4月からスタートする「電力の小売り全面自由化」

ワイドショーやニュース番組などでも聞かれるようになって参りました。
CMでは東京ガスが他社に先駆けて積極的に展開していますね。

2016年4月から開始されますが、事前申し込みが年明け早々開始されますので、今後はCM、広告媒体での宣伝が盛んに行われるかと思います。

暮らしに欠かせないエネルギー事情が大きく変わろうとしています。

直近のスケジュールでも、

2016年 電力小売り全面自由化
2017年 都市ガス小売り自由化

と続きます。

現在電気は電力会社、ガスは都市ガス会社またはLPガス会社のように縦割りの構造になっており、既存の電力会社、都市ガス供給区域では消費者に選択肢は無く、また競合相手がいない為ほぼ独占市場になっております。

今後はエネルギー会社間の業務提携や自社が保有する発電施設、ガス供給ラインを生かして業種の垣根を越えたサービス展開が始まります。

まずは、現在の電力供給の仕組みと自由化の概要について説明したいと思います。

・電力供給の仕組み
図(1)
電力自由化1
(資源エネルギー庁より)

上記のように「発電」、「送配電」、「小売り」と現在は大手電力会社が全てを担って来ましたが、既に参入が自由化されている発電部門と送配電部門、そして一部自由化されている小売り部門と今後自由化される一般向けの小売り部門の3つの部門が切り離される事により、整備されたインフラは開放され消費者が自由に電力会社を選択出来るようになります。

図(2)
電力自由化2

・電力小売り自由化への変遷
図(3)
電力自由化3

既に「新電力」と呼ばれる新規参入事業者が大型受電施設(工場、商業施設)に電力を販売しており、一般家庭向けの電力が来年自由化になる流れです。

この流れで大きな煽りを受けるのは大手電力会社。
今後は供給区域の契約者が減る事はあっても、増える事はないからです。

また、図(1)にあるように発電所と消費者を繋ぐ「送配電部門」が中立的な立場となる為、既存のインフラ(送配電線、電柱)が開放される形となる為、新規参入の事業者には大きな追い風となります。

消費者としては、新規参入業者が入る事により市場の競合が行われ、料金、サービス、選択の自由などの面で大きなメリットになる事でしょう。

当店ではガスの系列である「ENEOSでんき」について代理店としてこの流れに関わって行きます。

今後「ENEOSでんき」に関する情報を積極的に発信して行きたいと思いますので、ご不明な点や疑問などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい!!







| 2018.12 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

popo178

Author:popo178
はじめまして!稲葉燃料店です。

当店は茨城県筑西市にて創業1889年の「まちのガス屋」です。

LPガス・灯油の販売はもちろん住宅設備機器の販売・安心の自社施工。

ガス・灯油以外にも。。。

電気や水道のトラブルなどライフラインのことならお任せ下さい。

お悩み解決の手助けになるかもしれません^^

小さな個人商店ですが確かな技術と小回りの良さがモットーです。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

累計ご来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ページトップへ