FC2ブログ

新規ガス配管工事 消費配管 先行工事

2016.04.13 14:24|ガスのこと
月、火と二日間かけて戸建アパート全6戸のガス配管工事をして参りました。

久々のネジ切りに腕が鳴りました

15日から舗装工事が入るという事で、それまでに配管の立上げと給湯器のぶら下げを依頼されました。

僕個人としてはメンテナンスの面で埋設管は無いに越した事はない考えですが、やはり新築や見栄えの面では配管を壁に這わせるのはなんともと言った所で、立上げ管以外は全て埋設する方向で配管しました。

2016041301.jpg

埋設管用のVI継手とブチルテープ。
2016041303.jpg

防食された継手のネジ込み部と受け口の隙間部分にブチールテープが充填されるよう配管に巻きつけてねじ込み、はみ出たブチルを押し込むようにしながら余分な部分を取り除いて使います。

ヘルメシールも併用するので、この作業用に手袋が必要なほど汚れます

配管の一部が埋設されてしまう為、ガス漏れの心配が無いよう現段階までの気密試験を行いながら作業を進めました。

一日3戸のペースでなんとか6棟分の先行配管が終わりました。
2016041302.jpg

天気の心配もあったのでなるべく2日でなんとかしたいと思っていたら、舗装工事は18日にずれこんだ模様。

後は舗装工事終了後、供給側配管をして完成です

作業中のこぼれ話を一つ。

配管作業二日目の午後。
電気メーターの取付と柱上からの引き込み線工事をしにある電設会社が工事をしに来ました。

5~6人で作業をしており、その中の一人が親方らしく現場指揮を行い、時期的に新入社員もしくは経験年数の少ない若手がほとんどのようでした。

この親方、見た目から既にバイオレンスが溢れ出ており、、、、

作業中も

「おい!ゆとり!いつまでそんなトコやってんだぁ コラッ!」
 
「会社は時間で動いてんだよ!わかってんのか?ゴルアッ!!」

と怒号が飛び交っておりました 怖ぇ、、、、

今の新入社員はなにかと「ゆとり」一言で片付けられてしまうんだなぁと少し気の毒に思う一方で、こういう親方の下で経験を積むと仕事はすぐ出来るようになるだろうなとも思いました。

多分罵声を浴びせてる本人はストレス発散してるだけでしょうけど(笑)

こういう人が現場にいると緊張感を持って作業するので危険な作業がついて回る現場を締めるという意味ではある程度必要なのだと感じます。

言われる側は大変ストレスに苦しむ時期ではありますが、ひたすら耐えるしかありません。

僕も経験があるのでよーく分かりますが新人の内って「何が分からないのかが分からない」のです。

会社は学校と違って手取り足取り教えてくれませんし、職人の世界なら尚更、給料を貰う以上同僚とみなされるわけで、何をすればいいのか分からず突っ立って指示を待っていれば怒鳴られるのも当たり前です。

まずは指示通り任された仕事をこなす、その仕事が終われば次の指示を待つのではなく自分から仰ぐ、チームで行う作業なら率先して準備片付けを行いスムーズに現場作業が進むよう努める。

この繰り返しをしていれば、余裕が出た現場で新しい事を任せてもらったり、やる気を評価してくれるのではないかと思います。

それでも失敗する事もあるでしょう。
そんな時は二度と同じ事を繰り返さなければいいのです。

「教えてもらってないので出来ません」
「新人なんだから失敗するのは当たり前だ」

こんな心持ちでいるようならば「ゆとり」と言われても仕方ないです。

生活の為に働くことは誰もがそうですが、自分の仕事に関心があれば物事を覚える意欲も出て、その積み重ねでいつの間にかプロと呼ばれるようになるそんな気がします。

と、長々と縁も所縁もない新人さんに向けて勝手にエールを送り、偉そうに語っておりますが、過去の自分を見ているようでいろいろ感じるものがあったのでした。

そんな自分もまだまだ一人前には程遠い人間です

僕の場合は二年間という限られた期間で会社にお世話になっていた立場なので、ふと思い返してみると、当時は怒られてばかりで軽く人間不信になり周りに迷惑ばかりかけていました。

突っ立っている時間がなんとも苦痛で、すぐ終わるはずの作業に時間を費やしたり、まだ使う道具を先走って片付けてしまったり

失敗のエピソードなんて事欠かない程あります

ラーメン屋さんの改修工事では営業時間内の為、ガスを活かしたままの既設ラインと新設ラインを最後に繋ぐ現場でかがんだ状態から上体を起こした際にまさかのメーターにヒップアタックをかましてのケツ遮断。

これまた別のラーメン屋さんで天井に配管を逃がす作業中に膝をついてしまい天井を突き破ってしまった、く○まやラーメンの悲劇。
一度でもやってはいけない失敗を何回か
トラブルの総合商社ですよワタシは

そもそもが仕事は教えてもらえるものと思っていたようで←(自分こそが「ゆとり」じゃん)、もっと早く仕事とはどんなものか認識出来ていたら、一緒に作業する人が仕事をし易いように気を配ったり、専門的な事を自分から聞いたりもっと多くの経験をさせてもらえたかもしれないと後悔しかありません。

でもやっぱり怒られるのはイヤですよ、だって、、、、人間だもの
仕事で経験した悔しい思いは「仕事が出来るようになって見返す」これしかないです。

頑張れ!未来のプロ達よ!!



















新規ガス配管 筑西市 T様

2015.12.28 23:56|ガスのこと
本日は、大規模なリフォームをされているT様のお宅のガス配管を仕上げて参りました。

2階部分をそのままに、1階の間取りを全てリフォームされている現場で請け負っている大工さんも中々大変な思いをしているとT様がおっしゃってました

事前にキッチンまでの逃がし配管を終えており、いよいよ外壁等も張り終えたとの連絡を受け、給湯器の納入と仕上げの外回りの配管をさせて頂きました。

室内の工事は来年まで持越しで、組み上がっているユニットバスは年内に使いたいとの事で設備屋さんも給湯器の接続をして行きました。

2015122802.jpg


2015122803.jpg

クロス貼りが終わったら、ガス乾燥機を納入させて頂く予定です

精工所を経営されているT様。
元々事務所と離れで当店ガスをご利用頂いておりましたが、母屋は別の会社がガスを納めておりました。

ありがたい事にリフォームをきかっけに母屋の方も当店へご依頼頂きました。
工事前に、大工さんからの入れ知恵とおっしゃって、給湯器も無償で付けられるか聞かれましたが、その点はお断りさせて頂きました。

そもそもこの業界に蔓延する設備の無償貸与。
建築関連工事で工事費を唯一請求出来ないのがLPガス業界。

大手のガス会社がはじめたとされる他との差別化と工事後もLPガスを使用して頂くという顧客との接点が継続し途切れない事を理由にガス配管工事に関しては、設備を貸与し実質ガス会社が負担する無償配管が現在では慣例化しております

当店に関しても、この流れに逆らえず、設備貸与の契約書を交わせていただいたうえで設備償却を終える前に途中解約される以外では配管工事に関して工事費の請求をする事はありません。

業界全体がほぼ新規配管工事に関しては無償配管が当たり前なのが浸透してきており、またここで他との差別化あるいは、既存の客先を奪う理由で、アパートやマンションの設備つまり給湯器まで無償で貸与する業者も出て来る有様です。

アパートやマンションにおいては、入居者戸数によっては給湯器を無償で取り付けてもガス使用量でペイ出来る為、切替が横行しているのもよく耳にします。(流石に一般家庭にまで給湯器を無償で付けるケースは聞いた事ありませんが)

給湯器などの設備負担を強いられる大家にとっては魅力的な話かも知れませんが、実質負担しているのは入居者であって、そういったガス屋の思惑を安易に受け入れるのは管理者としていかがなものでしょうか。

僕だったらそんな所に家賃を払いたくはないですね。

残念な事に、そういったガス屋と仕事をした事がある大工さんや工務店、ハウスメーカーが「給湯器もタダで付けられるでしょ?」と当然のように言ってくる場合もあるのです

ひどい例では、給湯器などの設備代をきっちり施主さんに請求しておきながら、その分をガス屋に負担させようとするアホな大工もいたほどです。(人として狂ってます)

一部の大手がこんな事をしているから、他の業界からガスは儲かるんだなと業界自体が馬鹿にされるのです。

そう言った事をご説明したうえで当店を選んで下さった事本当に感謝します。
理解あるお客さんがいて下さるおかげで、当店のような小さなガス屋もなんとかやって行けるのです。

勿論選んで下さったお客様を失望させる事だけは絶対出来ませんから、何かあった時にはすぐに飛んで行けるよう大手以上の対応をさせて頂きます。

半分以上愚痴になってしまいましたが、見習い時代に怒られ辛い思いをしながら覚えたガス配管工事は僕にとって特別で、この工事をしている時が仕事で一番幸せな時間だったりします







点検調査について

2014.06.20 19:33|ガスのこと
こんばんわ!!
雨が降ったあとくらいは涼しくなって欲しい今日この頃です


さて本日はガスの保安点検についてお話したいと思います。
誰も興味はないですよねでも世の中は広いもので先日Yahoo知恵袋を見ていたらこんな質問がされていました。興味がある方は分かりづらいかもですが読んで下さいね。以下が大まかな内容です。


「先日契約しているガス会社から点検をさせて下さいと訪問がありました。台所のガス器具の調査をしていると給湯器も点検しますのでベランダに通してくれとのこと、うちの給湯器はベランダのバルコニーに設置してあるのですが、居間を通すことになり急な訪問で掃除もしていなかったのでなるべく通したくありませんでした。数年前に来た点検員の方は若い方で台所だけ見て行ったのですが、今回来た方は年配の方で給湯器の状態と器具を控えなければならないと言っていました。本当に見せる必要があったのでしょうか?同じ社員の方なのに人によって点検方法が違う?急な訪問で部屋に通さなければならないのもイマイチ納得出来ません。」


なるほど!やっぱり突然の訪問でいきなり家に上げて下さいとゆーのはどうも納得行かないですよね。わかります。

このガスの定期点検調査は4年に1回以上と決められており各家庭ごとに点検の時期が異なります。
ウチは電話連絡で予定を調整してお伺いするようにしていますが、おそらく件数が多い会社はある程度地区事にまとめて訪問するので事前のアポを取らずに来たのだと思います。

よくお客さんに「汚くしてるから恥ずかしくて」と言われますが、毎日使う場所なのでどのお宅もそんなに変わらないです。
他人を家に入れるのに抵抗があるかと思いますが、そんなに神経質にならないでとゆーのが業者側の本音ですかね。

もう一点同じ社員なのに点検方法が違うという点に関しては年配の方の点検方法が正しい事になります。

社内で点検方法が統一されてないのはちょっとアレですけどね

でわガスの点検って一体何を検査していくの?とゆーことで。。ザンッ!!
区分

上図のようにガスメーター出口からご使用のガス器具全てを検査しているわけです。(正確には戸建の場合供給設備側も一緒に検査します。)全消費器具の型式、製造年、消費量を調査票に記入します。

ですので、ベランダに器具が設置してある場合…スイマセンが失礼させていただくわけです。ベランダまで目つぶって行きますから

自記圧力計という配管内の圧力を測定する器具を用いて漏えい試験を行います。

漏えい試験とは…実際の配管内を通るガス圧よりも高い圧力で規定の時間(配管の長さ、配管容量によって異なる)圧力低下が無いか測定をしてガス漏れの有無を検査します。

また、ガス器具を実際に燃焼させ調整器出口圧測定、燃焼器入口圧測定(共に2.3KPa~3.3KPaの範囲内)、器具の燃焼を止めて閉そく圧測定(3.5KPa以下)等を測定します。

小型湯沸器などをお使いで不完全燃焼防止装置が付いていない器具などはCO測定などもあります。

それら全てを検査して不具合がなければ合格。不適合箇所が見つかった場合は速やかに改善となります。



当店の自記圧計です。その名も電気式ダイヤフラム式自記圧力計 SAVER PRO!!
DSC_0054 (1280x960) (500x367)

この自記圧計の特長として配管内の圧力測定は気圧の変化が大きく関係し、測定時の気温や天候などで圧力の上げ下げがあります。その温度の影響を補正してより正しい測定を行うことが出来るのです。

DSC_0058 (1280x960) (500x375)

うん?開始圧力5.2KPaで終了圧力5.19KPaじゃ落ちてるじゃん!!って思いますよね?
ところが…
DSC_0059 (1280x960) (500x375)

温度補正によってガス漏れなしと判定されます。漏れている場合は「温度補正後の圧力低下」と表示されます。

DSC_0060 (1280x960) (500x375)
DSC_0061 (1280x960) (500x375)


一般的な機会式自記圧力計と並べて見ました。
DSC_0066 (1280x960) (500x375)

現状ではまだまだ機械式自記圧計を使っている会社の方が圧倒的に多いです。

機械式の場合前述した温度補正が出来ない為、目視で確認します。微妙に圧力が下がっている場合に、温度によるものなのか、実際にどこかで漏れているのか最終的な判断は調査員に委ねられます。

まぁ積極的に採用とならないのは精度が高い分値段も高いので無料の点検調査にそんなお金かけてらんないよってのが実情ですかね

ウチの場合はメーターにBR(微少漏れ)表示が出ているお客さんが何軒かあり、どれも機械式では判断が難しいケースで、不安を残したまま合格とはしたくなかった為導入しました。

当たり前のことですが、安心・安全にガスをお使い頂く為に保安点検は非常に重要です。


保安点検は無料です(消耗品を交換した場合は別途かかる場合があります。)のでこの記事を読んで下さった方はお取引のガス屋さんの点検調査に積極的にご協力をお願いします。

また、今年に入り茨城県内にてお年寄りが保安点検と称した男に金銭を騙し取られる事件が発生しているそうです。こうした訪問業者には十分注意をして不審な場合は必ずお取引のガス屋さんに連絡しましょう!!













| 2018.10 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

popo178

Author:popo178
はじめまして!稲葉燃料店です。

当店は茨城県筑西市にて創業1889年の「まちのガス屋」です。

LPガス・灯油の販売はもちろん住宅設備機器の販売・安心の自社施工。

ガス・灯油以外にも。。。

電気や水道のトラブルなどライフラインのことならお任せ下さい。

お悩み解決の手助けになるかもしれません^^

小さな個人商店ですが確かな技術と小回りの良さがモットーです。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

累計ご来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ページトップへ