FC2ブログ

キッチン水栓 お湯にならない

2016.03.24 16:26|お悩み解消します
先日、器具でお世話になっているO様より台所の水栓をお湯側いっぱいにした状態でもお湯が出ないとお問い合わせを頂きました。
2016032402.jpg
お湯側いっぱいで吐水しても給湯器のリモコンに運転表示がされません。
浄水器カートリッジを外しゴミ清掃しても変わらず、、、、

お客様は給湯器に問題があるのでは?との事でしたが、台所以外はちゃんとお湯が出る事からキッチンの水栓もしくは途中の配管等の詰まりが考えられました。

2016032401.jpg
試しにお湯側を混合水栓から縁切りして、直接つないでお湯出しした所ちゃんと給湯器が運転される事から配管の詰まり等でもなく混合水栓が原因だという事をご説明し交換させて頂きました。

2016032404.jpg

2016032403.jpg
やけにぐらつきがひどいなと思った通り、ぐらついた根元付近から水が浸入し天板裏板の木がボロボロに腐食していました

このまま取付けてしまうとちゃんと固定出来ないばかりか、ひどくなる一方なので腐食の心配のないアルミサンドイッチパネルで補強しました。
2016032405.jpg

2016032406.jpg

取付完了
2016032407.jpg
給湯器が運転されている事を確認。

分水孔付なので食洗機の接続も後日行わせて頂く予定です





自家水から市水へ切替え

2016.01.18 22:28|お悩み解消します
今朝の積雪凄かったですね

配達に向かう道中で車がつんのめっているのを何件か目撃しました、、、

夕方前には雪も大分無くなっていましたが、明日の朝の路面の凍結が心配です

「雪が降るかも」という予報があったので、昨日は休日返上で水道の切替工事に行って来ました。

新規のお客様からのお問い合わせで話を聞いた所、大晦日の日に給湯器の調子が悪くなってしまい、年明け早々メーカーに点検に来てもらった所、給湯器が原因ではないと言われたようで、少し前から不調であった自家水のポンプが原因で給湯器が動かなかったとの事でした。

そんなこんなで、現在はキッチンの一か所を除き全て自家水を使用しているそうで、ポンプを廃止して水道へ繋ぎ直しが出来ないかとのご相談を受けました。

まずは家屋裏手の配管廻りからやり直しました。

・キッチンのお湯の配管
2016011802.jpg

何年か前に破裂したそうで、間に合わせで補修されたようです。

・補修後
2016011801.jpg

・キッチンへ入っている市水の給水部より分岐
2016011803.jpg
埋設深さが弱冠浅い為、保温材を巻きました。

・給湯器廻り
2016011807.jpg

一旦給湯器を外して、穴掘り。
給水バルブ交換、保温廻りをやり直しました。
2016011808.jpg

そして大変だったのが、玄関側にある散水栓工事

・玄関側
2016011805.jpg
木に隠れている部分が散水栓です。

家屋裏のポンプ部分からぐるーっと玄関前のこちらまで自家水の配管が来ており、散水栓柱の縦管部分が鉄管だった為、こちらも破裂してしまったようです。

この水栓柱の劣化は激しく、ライニング鋼管内側の塩ビ部分がそのまま露出しておりました

こちらも、市水を通して、洗車や撒き水に使いたいとの事と、途中にバルブを設けて欲しいとの要望でしたので、穴掘り開始です。

重厚な造りの洗い場をなんとか寄せるも、腰が半分逝きかけ
2016011810.jpg

砂利が多く掘りづらい通り道側をこのラインを通っているであろう予想の元掘るも、まさかの空振り

ブロックを寄せて、敷石を持ち上げて掘ってみた所、、、

洗い場の真下で直角に曲がっておりました
2016011806.jpg

バルブを設けるのに迂回させて水栓柱を立ち上げ。
2016011812.jpg

再度重厚な洗い場を戻して無事昇天しました

車の駐車スペースが水栓柱の後ろ側にあたるので、洗車し易いように水栓部が回転するタイプをチョイスさせて頂きました。
2016011809.jpg

360°回転します。
2016011804.jpg
蛇口も水抜き作業のいらない、不凍水栓部つきのものを取付しました。

作業が終わる頃にはすっかり辺りは暗くなってしまいました。

これまで自家水を使用していた場所全てが市水へ切り替わったので、通水試験と漏水が無いか確認。
一番気掛かりだった給湯器も無事運転出来ました

長時間の穴掘り、重量物の移動を行った代償として、しばらくこの状態が続いたのは内緒です












漏水補修 散水栓からの漏水

2015.10.16 11:52|お悩み解消します
先日行った漏水補修の現場。

計3ヶ所をはつる大掛かりな補修となりました

漏水補修の場合、一番難しいのが漏れている箇所の特定。
流れ出ている量が少ない場合より難しくなります。

比較的点検し易い宅内の水廻り(例えばトイレや水栓廻り)屋外ですと昔流行した太陽熱ヒーターからの漏水なども考えられます。

いずれにしてもまずは、建物周りを傷つけずに済む方法から点検し、異常がなければ屋外の配管が通っているであろう場所を見当し穴を掘って調査します。

使われている配管の材質にもよりますが、大方水道用塩ビ管が使われている家庭が多い為、配管の直管部より継手部、特に配管の立ち上がり部からの漏水が多いと思われます。

今回の現場の場合、配管が基礎下に埋設されている為、穴を掘り返すにも「はつり作業」が絡む為、非常に厄介でした。
現に最初に依頼した水道屋さんは匙を投げたそうです(笑)

お客さんがある程度配管が通っている場所を把握していた為、やらせて頂く事になりました。

散水栓付近が怪しいという事で、2ヶ所の散水栓とキッチンへの分岐部をはつり穴掘りを開始しました。

まずは一番メーター側に近く、基礎も一部沈下している散水栓部を掘り返すも特に異常なし。

2015101611.jpg
次にキッチンへの分岐部であろう箇所をはつると、潰した浄化槽の跡がそのまま埋め戻されていました。

取り除いて掘り返すと、、、、配管発見!!

2015101612.jpg
宅内へ入っている配管部を縁切りしキャップをした後メーター確認。

メーター回る、、、、

次にもう一か所の散水栓と風呂場へ行っているであろう側を縁切り、キャップをした後メーター確認。

メーター止まる
キッチンへの配管を再接続し、もう一か所の散水栓と風呂場へ行っている配管部を再調査です。

散水栓下部を掘り返すと根元付近から湿った土が出て来ました。
2015101610.jpg

近くを雨樋の排水管が2本通っている事と、今後こちらの散水栓は使わないようなので縁切りをし、風呂場への配管は接続し易いキッチン分岐部へ配管を通して再接続しなおしました。

2015101601.jpg
潰した浄化槽の配管が丁度スリーブの役目を果たし、嬉しい誤算

2015101609.jpg

壁裏を剥がして配管を撤去。

剥がした部分はコーキングをしてパネル補修、露出部はエアコンカバーで仕上げました。
2015101607.jpg


2015101602.jpg

キッチン分岐部と接続。

メーター確認異常なし

土を埋め戻し、はつった3ヶ所を補修しました。
2015101605.jpg

ここまでほぼ一日掛かりの作業です

今回はたまたま補修出来たようなもので、記事をアップしておいてなんですが、なるべく漏水補修は避けたいのが本音です








シャワーが途中で水になる

2015.09.01 17:07|お悩み解消します
こんにちわ稲葉です。

今日から9月。
一年の3分の2が終わってしまったと思うとなんだか寂しいですね

間もなく秋の訪れということで、今年の秋のテーマは「文化の秋」をテーマに、長年の夢である「字がきれいな大人になりたい」願望を満たすべく、武田双雲さんの「双雲流ペン字メソッド」なるものを購入し、字を猛練習中です

とりあえず、ひらがなを上手に書けるようになりました

普段は何事も否定的な性格なのですが、誰と競争する人生でもないのでたまには進歩を素直に喜びたいと思います。

ま、31にもなって「ひらがな」の上達で喜んでいられる人間もそうはいないでしょうね

話題は変わって、3年程前に当店からエコフィールをご購入頂いたO様より、最近シャワーを少し長めに出し続けていると、途中で水になる事がよくあるので見て欲しいとの連絡を受けました。

到着後、試しにしばらくお湯を出すものの特別異常らしい異常はなく、過去のエラーコードの履歴も耐震装置関連のエラーのみでした。

ならばと、※運転モニタモードで各サーミスタの点検を行いました。

※エコキュートは発売当初から、エコフィールは4,5年前の機種から搭載されたリモコンで機器の運転状態をモニタ出来るモードで、各サーミスタの検知温度、水量センサーの流量などを見る事が出来る。

一度電源を落とし、しばらく通水させ各サーミスタが検知する水の温度を同じ条件にしてモニターします。

この時全てのサーミスタがほぼ同じ温度を検知していれば正常。

もちろん正常でした。

給湯器の問題ではないとなると後は水栓に問題がありそうですが、シャワー水栓自体も給湯器交換時に同時に交換したものなので水の逆流などは考えにくいのですがとりあえずフィルターを見てみると。。。。

お湯側。
2015090102.jpg
結構な量で
2015090103.jpg

現在は上水が通っているそうですが、以前は自家水を利用しており宅内の配管はその時のままのようなのでその影響でしょうか?

このお湯側の詰まりが原因だとは思いますが、とりあえず様子見をお願いしました。

このような点検や修繕は意外と多かったりします。

でもご安心を!!今回も費用のご請求はありません。

当店で販売した給湯器等の点検や修理で、部品交換が発生しない修理点検の場合、設置後何年経過していても、
費用は一切かかりません

もちろん使い方のご説明も、使い始めて気になる点などが出てくる事もあるので、何度お呼び頂いても無償でお伺いします

購入後のサポートも安心!!

筑西市の給湯器、水廻りの事なら稲葉燃料店にお任せ下さい!!












給湯配管 全改修

2015.08.29 22:11|お悩み解消します
8月26日の工事。

8月24日にガスでお世話になっているI様から、隠ぺい配管部から漏水の疑いがあり壁が滲みているので見て欲しいと連絡を受けました。

早速見て見ると、確かに給湯器から出たお湯の配管が壁に隠ぺいされた部分より滲み出ているのが分かります。
少し壁を剥がして見ると。。。

配管劣化

手でポキッと行くほど鉄管が腐食していました

写真の通りネジ部はボロボロ、内側の径も剥離でほぼ塞がった状態。
更に厄介なのが、この一か所の隠ぺい部より、洗面所、キッチン、浴室(2か所)の合計4ヶ所に給湯配管が分岐している為、既存の配管を縁切りしたうえで新たに給湯配管を敷設する必要がありました

とりあえずこの日は、浴室だけでも使えるようにしようと2か所、湿式のダイヤコアを使って既存の配管もろとも穴開けをしました。

穿孔対象物に金属が絡んでくると穴開けに結構手間取ります

シャワー水栓側
シャワー水栓1

浴槽水栓側
浴槽水栓
穿孔中の写真を撮ってるヒマが無かったのでなんのこっちゃ分からないかもしれませんが、一旦水栓を外してお湯側を既存の配管ごと穴開けして、新たに腐らない架橋ポリ管で配管し、再度水栓を元に戻した状態です

とりあえず時間も時間だった為、残りのキッチンと洗面所への配管は後日やらせていただく事にしました。

そして翌々日。
あいにくの雨の為午前中は様子見。
午後になっても降ったり止んだりを繰り返していましたが、今日を逃すと中々お休みが取れないようなので強制敢行。

給湯器すぐ裏面の浴室とは違い、キッチンまでは途中3ヶ所穴開けを行い配管しました。

洗濯機をよかして穴開け。
洗濯機付近

キッチンの混合水栓を外して穴開け。
キッチン
湿式のコアは水はねがあり屋外もしくは浴室内など清掃しやすい場所以外では使えない為、既存配管をプラグ止めして隣に穴を開けました。

キッチン裏
架橋ポリ管は樹脂製の為配管が腐る心配が無く、ネジ切り作業もいらない為施工時間短縮が出来る一方で、巻グセが強いのでなるべく屋内の露出部は見栄えよく因幡電工のリフォームダクトを使いました。

洗濯機設置部のステンレス板の厚み分浮いてしまうので間に合わせで板を挟みましたが、本来は専用のスペーサーがあるので直管部、継手部共にスペーサーを使うのが望ましいです

水栓取付。
キッチン2

洗面所へも途中物置部を通して配管をし、パネルを加工して穴を塞いで工事完了

最初に大きく開けた壁面もモルタルで補修しました。

二日併せて工事時間がほぼ丸一日を要する大規模な修繕になってしまいましたが、今後は漏水の心配も入りませんし、漏水に気付くのが早くて何よりだったと思います。

こう言った修繕の場合毎回思うのが、なんでも隠せばいいもんじゃないってコト。

地中埋設や基礎転がしなどの配管ならある程度対応し易いですが、壁中に分岐部を設けられると今回のように修繕が大掛かりで大変です











| 2018.12 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

popo178

Author:popo178
はじめまして!稲葉燃料店です。

当店は茨城県筑西市にて創業1889年の「まちのガス屋」です。

LPガス・灯油の販売はもちろん住宅設備機器の販売・安心の自社施工。

ガス・灯油以外にも。。。

電気や水道のトラブルなどライフラインのことならお任せ下さい。

お悩み解決の手助けになるかもしれません^^

小さな個人商店ですが確かな技術と小回りの良さがモットーです。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

累計ご来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ページトップへ