FC2ブログ

ついでにいろいろ

2022.02.17 18:30|お悩み解消します
本日は灯油配送ついでに、勝手口の照明が切れてしまったので見て欲しいと一人暮らしのお客様からご依頼いただきました。

IMG_5218.jpg

IMG_5219.jpg

蛍光灯と点灯管を交換しました。

高い場所、重いものなど気にはなっているけどついつい後回しにしていることございませんか?

最近は高齢世帯や一人暮らしのお客様から、なんとなく気にはなっているんだけどわざわざ業者に依頼するのもなぁ…
どこに頼めばいいんだろう?と言ったお声をいただくことがあります。

例えば、

・水栓の交換
・スイッチ、コンセント類の交換
・照明器具交換
・漏水補修
・ドア鍵交換
・火災報知器交換 

など

配達ついでに!ついでじゃなくても!!当店でお役に立てる事があるかもしれません。

その際は是非お声がけを!!

キッチン用排水トラップ交換

2021.09.09 19:21|お悩み解消します
本日は、シンクと排水をつなぐ排水トラップの交換に行って参りました。

IMG_4651.jpg

IMG_4652.jpg

パッキンの摩耗による接続部からの水漏れがありました。

専用工具を使って、トラップ一式交換させて頂きました。


IMG_4653.jpg


NAISのキッチンでしたが補修パーツの提供がないようでしたので、カクダイの製品で形が近いものを取付けさせて頂きました。


トラップ

キッチン水栓 お湯にならない

2016.03.24 16:26|お悩み解消します
先日、器具でお世話になっているO様より台所の水栓をお湯側いっぱいにした状態でもお湯が出ないとお問い合わせを頂きました。
2016032402.jpg
お湯側いっぱいで吐水しても給湯器のリモコンに運転表示がされません。
浄水器カートリッジを外しゴミ清掃しても変わらず、、、、

お客様は給湯器に問題があるのでは?との事でしたが、台所以外はちゃんとお湯が出る事からキッチンの水栓もしくは途中の配管等の詰まりが考えられました。

2016032401.jpg
試しにお湯側を混合水栓から縁切りして、直接つないでお湯出しした所ちゃんと給湯器が運転される事から配管の詰まり等でもなく混合水栓が原因だという事をご説明し交換させて頂きました。

2016032404.jpg

2016032403.jpg
やけにぐらつきがひどいなと思った通り、ぐらついた根元付近から水が浸入し天板裏板の木がボロボロに腐食していました

このまま取付けてしまうとちゃんと固定出来ないばかりか、ひどくなる一方なので腐食の心配のないアルミサンドイッチパネルで補強しました。
2016032405.jpg

2016032406.jpg

取付完了
2016032407.jpg
給湯器が運転されている事を確認。

分水孔付なので食洗機の接続も後日行わせて頂く予定です





自家水から市水へ切替え

2016.01.18 22:28|お悩み解消します
今朝の積雪凄かったですね

配達に向かう道中で車がつんのめっているのを何件か目撃しました、、、

夕方前には雪も大分無くなっていましたが、明日の朝の路面の凍結が心配です

「雪が降るかも」という予報があったので、昨日は休日返上で水道の切替工事に行って来ました。

新規のお客様からのお問い合わせで話を聞いた所、大晦日の日に給湯器の調子が悪くなってしまい、年明け早々メーカーに点検に来てもらった所、給湯器が原因ではないと言われたようで、少し前から不調であった自家水のポンプが原因で給湯器が動かなかったとの事でした。

そんなこんなで、現在はキッチンの一か所を除き全て自家水を使用しているそうで、ポンプを廃止して水道へ繋ぎ直しが出来ないかとのご相談を受けました。

まずは家屋裏手の配管廻りからやり直しました。

・キッチンのお湯の配管
2016011802.jpg

何年か前に破裂したそうで、間に合わせで補修されたようです。

・補修後
2016011801.jpg

・キッチンへ入っている市水の給水部より分岐
2016011803.jpg
埋設深さが弱冠浅い為、保温材を巻きました。

・給湯器廻り
2016011807.jpg

一旦給湯器を外して、穴掘り。
給水バルブ交換、保温廻りをやり直しました。
2016011808.jpg

そして大変だったのが、玄関側にある散水栓工事

・玄関側
2016011805.jpg
木に隠れている部分が散水栓です。

家屋裏のポンプ部分からぐるーっと玄関前のこちらまで自家水の配管が来ており、散水栓柱の縦管部分が鉄管だった為、こちらも破裂してしまったようです。

この水栓柱の劣化は激しく、ライニング鋼管内側の塩ビ部分がそのまま露出しておりました

こちらも、市水を通して、洗車や撒き水に使いたいとの事と、途中にバルブを設けて欲しいとの要望でしたので、穴掘り開始です。

重厚な造りの洗い場をなんとか寄せるも、腰が半分逝きかけ
2016011810.jpg

砂利が多く掘りづらい通り道側をこのラインを通っているであろう予想の元掘るも、まさかの空振り

ブロックを寄せて、敷石を持ち上げて掘ってみた所、、、

洗い場の真下で直角に曲がっておりました
2016011806.jpg

バルブを設けるのに迂回させて水栓柱を立ち上げ。
2016011812.jpg

再度重厚な洗い場を戻して無事昇天しました

車の駐車スペースが水栓柱の後ろ側にあたるので、洗車し易いように水栓部が回転するタイプをチョイスさせて頂きました。
2016011809.jpg

360°回転します。
2016011804.jpg
蛇口も水抜き作業のいらない、不凍水栓部つきのものを取付しました。

作業が終わる頃にはすっかり辺りは暗くなってしまいました。

これまで自家水を使用していた場所全てが市水へ切り替わったので、通水試験と漏水が無いか確認。
一番気掛かりだった給湯器も無事運転出来ました

長時間の穴掘り、重量物の移動を行った代償として、しばらくこの状態が続いたのは内緒です












漏水補修 散水栓からの漏水

2015.10.16 11:52|お悩み解消します
先日行った漏水補修の現場。

計3ヶ所をはつる大掛かりな補修となりました

漏水補修の場合、一番難しいのが漏れている箇所の特定。
流れ出ている量が少ない場合より難しくなります。

比較的点検し易い宅内の水廻り(例えばトイレや水栓廻り)屋外ですと昔流行した太陽熱ヒーターからの漏水なども考えられます。

いずれにしてもまずは、建物周りを傷つけずに済む方法から点検し、異常がなければ屋外の配管が通っているであろう場所を見当し穴を掘って調査します。

使われている配管の材質にもよりますが、大方水道用塩ビ管が使われている家庭が多い為、配管の直管部より継手部、特に配管の立ち上がり部からの漏水が多いと思われます。

今回の現場の場合、配管が基礎下に埋設されている為、穴を掘り返すにも「はつり作業」が絡む為、非常に厄介でした。
現に最初に依頼した水道屋さんは匙を投げたそうです(笑)

お客さんがある程度配管が通っている場所を把握していた為、やらせて頂く事になりました。

散水栓付近が怪しいという事で、2ヶ所の散水栓とキッチンへの分岐部をはつり穴掘りを開始しました。

まずは一番メーター側に近く、基礎も一部沈下している散水栓部を掘り返すも特に異常なし。

2015101611.jpg
次にキッチンへの分岐部であろう箇所をはつると、潰した浄化槽の跡がそのまま埋め戻されていました。

取り除いて掘り返すと、、、、配管発見!!

2015101612.jpg
宅内へ入っている配管部を縁切りしキャップをした後メーター確認。

メーター回る、、、、

次にもう一か所の散水栓と風呂場へ行っているであろう側を縁切り、キャップをした後メーター確認。

メーター止まる
キッチンへの配管を再接続し、もう一か所の散水栓と風呂場へ行っている配管部を再調査です。

散水栓下部を掘り返すと根元付近から湿った土が出て来ました。
2015101610.jpg

近くを雨樋の排水管が2本通っている事と、今後こちらの散水栓は使わないようなので縁切りをし、風呂場への配管は接続し易いキッチン分岐部へ配管を通して再接続しなおしました。

2015101601.jpg
潰した浄化槽の配管が丁度スリーブの役目を果たし、嬉しい誤算

2015101609.jpg

壁裏を剥がして配管を撤去。

剥がした部分はコーキングをしてパネル補修、露出部はエアコンカバーで仕上げました。
2015101607.jpg


2015101602.jpg

キッチン分岐部と接続。

メーター確認異常なし

土を埋め戻し、はつった3ヶ所を補修しました。
2015101605.jpg

ここまでほぼ一日掛かりの作業です

今回はたまたま補修出来たようなもので、記事をアップしておいてなんですが、なるべく漏水補修は避けたいのが本音です








| 2022.05 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

popo178

Author:popo178
はじめまして!稲葉燃料店です。

当店は茨城県筑西市にて創業1889年の「まちのガス屋」です。

LPガス・灯油の販売はもちろん住宅設備機器の販売・安心の自社施工。

ガス・灯油以外にも。。。

電気や水道のトラブルなどライフラインのことならお任せ下さい。

お悩み解決の手助けになるかもしれません^^

小さな個人商店ですが確かな技術と小回りの良さがモットーです。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

累計ご来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ページトップへ