FC2ブログ

灯油暖房機のお手入れ

2021.03.12 20:21|灯油のこと
昨日に引き続きまして、シーズンオフ後の機器のお手入れについて。


石油ストーブ



ストーブ

カートリッジを空にして点火操作するのは、本体側のタンク内の灯油を燃やしきるためです。

炎が消えかかる頃にはだいぶ匂いがきつくなってきますので十分な換気をこころがけましょう。


石油ファンヒーター


ファンヒーター手入れ1



ファンヒーター手入れ2

オイルフィルターに汚れがついている場合は水ではなく綺麗な灯油で洗う点に注意してください。

まとめ

石油ストーブもファンヒーターも本体側に固定タンクがありますので、カートリッジの灯油を抜くのはもちろん固定タンク内の灯油も忘れず抜き取りましょう。


ついでに、


こんな使い方はしていませんか?


シリコン注意
寒い日の身支度などで、暖房器具使用中に化粧品やヘアスプレーなどを使用したする場合がありますが、スプレーに含まれるシリコン等の成分をファンが吸い込むことによって機器に悪影響を及ぼす場合があります。



ファンヒーター
こちらは高齢者の方に多い事例で、安全意識のせいか運転停止直後のファンがまだ回っている状態でコンセントからプラグを抜く方が多いです。

停止後にファンが回るのは運転中に上昇した機器内部の温度を一定温度まで下げる運転をしています。
コンセントから電源プラグを抜く際はファンが止まったことを確認してから抜くようにしましょう。


簡単にできるお手入れや誤った使い方をしていないかを再確認することで、次のシーズンも快適にまた、器具も長く安全にご使用いただけるのではないかと思います。






















今シーズンの灯油は使い切りましょう!!

2021.03.11 20:26|灯油のこと
夜になるとまだ肌寒く感じますが日中は穏やかな陽気がつづいてますね。

暖房機に頼る季節もあとわずかでしょうか。

次のシーズンも快適に暖房機を使用するために意外と忘れがちな灯油の保管や機器のお手入れなどについてご紹介したいと思います。


ロゴ
日本ガス石油機器工業会←こちらのサイトより抜粋してます。


灯油の保管

容器



灯油は空気中の酸素による酸化や紫外線、高温下にさらされると短期間で変質する可能性が高くなります。

変質灯油

変質灯油



変質灯油の見分け方

変質灯油見分け方


匂いや色で判断できる場合もありますが、実際は透明に近くても変質している場合もある。
ポリタンク保管の場合キャップ部分が特に劣化しやすく水の混入や紫外線を通しやすいので注意が必要。

変質灯油を使うと機器に悪影響が

機器故障


まとめ

匂いや色での判断が基準としてあった変質灯油の見分け方ですが、NITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構)の資料などを見ると条件によっては2週間程で灯油が変質するケースもあるとありました。

変質している灯油だと知らずに使ってしまうと思わぬ故障や事故につながる危険性が高くなります。

つまり基本的にはシーズン中に使い切ることが大事です。

保管するポリ容器に関しても実は有効期限がある(以前の記事)ので定期的な交換、フタの劣化に気を配ることや保管場所に気をつけること。

なるべく余ることがないよう少量購入をこころがけるなど(最近では10L容器などの小型タイプもみるようになりました。)

それでも梅雨入り前に肌寒い日があったりなどする場合もあるわけです。
そんな時はより安全性の高い専用容器などを検討するのもいいかもしれません。

オイルタンク1



オイルタンク2



既存の給湯器用のオイルタンクから小出しできるバルブをつける方法もあります。


オイルタンク3

配管保温巻き直し

2021.01.18 19:39|水道のこと
空家になっている貸事務所の水道配管凍結が心配ということで、配管保温の巻き直しをさせていただきました。

IMG_3842.jpg


IMG_3843.jpg


IMG_3844.jpg

キャンバスとスチロールカバーが劣化しているので古い保温材をめくって新たにやり直します。

IMG_3845.jpg

今回は20mm厚のスチロールカバーの上に更に10mm厚の保温チューブで二重巻きにしました。

IMG_3848.jpg

耐候性に強いビニルキャンバスで巻きなおして完成です。

IMG_3849.jpg


IMG_3851.jpg

ちなみにトイレのタンクへ接続されていた配管は破損まではいかないまでも凍結して伸びた痕跡がありました。

IMG_3850.jpg

右が通常のステンレスフレキ管。

室内にも関わらずこんなに膨張するほど夜中に冷え込むのが分かります。

こちらも新しく配管を接続したのち念のため保温巻きさせていただきました。






水道配管の凍結にご注意下さい。

2021.01.13 17:18|水道のこと
日に日に寒さが厳しくなって参りました。

この季節に注意したいのが水道配管の凍結。

各家庭の設備状況によって凍結しやすい場所とそうでないところとあり、特に関東地方の場合凍結防止に対する意識はそこまで高くないかもしれません。

一度凍結してしまった場合は無理にお湯をかけたりせず日が昇り気温上昇とともに自然に溶けるのを待つのが無難です。

ただ、できることなら凍結させないことが一番大事です。

特に鉄管などの場合は凍結による膨張に耐え切れず配管自体の破損を招いたり、内部が剥離することにより剥がれた配管の一部が詰まりの元になったりします。

先日の連休中も夜中の冷え込みが厳しくお湯が出ないとのお問い合わせを何件も頂きました。

IMG_3809.jpg

こちらのお客様宅では、台所の裏から水が噴き出る音がして慌てて水道の元栓を閉めたとご連絡をいただき、現場へ来てみると台所へのお湯の配管が日が当たらない北側で尚且つ地中からの立ち上げ配管の露出部が長めでした。

破損部を探すため保温材をめくろうにも噴き出していた水が短時間で凍るほどの場所でした。

IMG_3811.jpg

外した配管からエルボー部分が大きく破損してるのがわかるかと思います。

とりあえずは給湯配管部の破損を確認し、トイレなどを使えるようにするために給湯器への入り口の給水栓を閉めて水道の元栓を開けました。

試しに給湯器入り口の給水栓を開けてもこの状態
IMG_3812.jpg

わかりますでしょうか?これ本来は水が出てくるはずなんです。

つまりまだ配管が凍ってるってことなんです。

ここから配管をヒートガンを使って熱くなりすぎないように温めていきます。
IMG_3813.jpg

ようやく水が出てきました。
剥離したゴミが蛇口にいかないようにある程度通水。

IMG_3814.jpg

配管を接続後保温を巻き直して完成です。

給湯器の接続配管回りや各蛇口への配管など、露出配管部はきっちり保温がされている場合でも気温によっては凍結してしまう場合があります。

配管が比較的短い場合は凍結防止ヒーター巻きをすることによって水を出しておかなくても済むようにも出来ますが電気代が結構かかってしまう場合もあります。

水を出しておくことはなんとなく抵抗があるかもしれませんが、天気予報の情報などをチェックし氷点下まで気温が下がる日は特に気をつけ通水を忘れないことが結果的に一番経済的かもしれません。


灯油配送承ります

2020.11.16 17:36|灯油のこと
筑西市内全域灯油配送承ります!もちろんポリタンク1本からでもお届けします。

当店配送価格はこちら

配達ちらし

ご自分で灯油を買いに行くのは中々の重労働。
よく締めたはずのキャップから灯油が漏れて車を汚してしまったなどありませんか?

また、朝晩冷え込むようになってきたこの季節、お風呂に入っていざシャワーを浴びようとしたらお湯にならずタンクを見たら空だったなどこんな経験もあるんじゃないでしょうか?

touyu_tank_omoi_202011161439551eb.png


そんな時は当店にお任せ下さい!

通常注文→お電話頂きその都度配達致します。1本からでもOK!3本以上からがよりお得。
      日時指定の場合はできる限り対応致しますが原則前日までにご連絡下さい。


定期配送→お客様の使用量を基準に当店で残量の確認をさせて頂き配達致します。
       夏と冬で配送周期が異なり残量確認の手間が省け、価格も通常注文よりお得です。

※ドラム缶、大容量ホームタンクなど一度の給油で150L以上の場合大口価格でお届けします。

こんなお困り事もご相談下さい!!

・持ち越し灯油、不良灯油の見分け方や処分
・石油暖房機の使い始めやシーズンオフの管理
・給湯器の不調や点検など





| 2021.07 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

popo178

Author:popo178
はじめまして!稲葉燃料店です。

当店は茨城県筑西市にて創業1889年の「まちのガス屋」です。

LPガス・灯油の販売はもちろん住宅設備機器の販売・安心の自社施工。

ガス・灯油以外にも。。。

電気や水道のトラブルなどライフラインのことならお任せ下さい。

お悩み解決の手助けになるかもしれません^^

小さな個人商店ですが確かな技術と小回りの良さがモットーです。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

累計ご来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ページトップへ